Life goes on-30代♂の遊びと生活

30代の遊びと健康、夫婦生活をテーマに東北の暮らしを紹介する雑記ブログです。

病院へ行く勇気:基準をルール化しておこう

f:id:cats38:20180917142826p:plain

 

どうもcatsです。

 

せっかくの三連休ですが、見事に風邪ひきました。

猫と二人でだらだら寝て過ごしています。

 

昨夜はなんと39.1度まで上がりましたが、

今はだいぶ落ち着いて37度まで下がりました。

 

さて、今回のテーマは病院へ行く勇気ということで、

みなさんこういう時ちゃんと病院行ってますか?

 

◇病院へ行かなかった理由

 

こんな事態でも僕は結局病院には行きませんでした。

 

夜間かつ土曜ということもあるんですが、

もともと病院へ行く習慣がなく、寝てれば治るという考えなんですね。

 

ただ、今回は近年稀に見る高熱。

フラフラするわ、アタマやら足は痛いわでこれはマズイんじゃないかと思ったわけです。

 

とは言うものの

・夜間でやってる病院が分からない

・土曜もやってるのか

・病院行くほどのものか

・移動時間かけたくない、寝たい

奥さんもどうしたらいいかオロオロ

などなど、様々な葛藤があり、もういいや寝る。となりました。

 

まだ完治はしてませんがおおごとでなくて良かったです。

 

 

さて、今回病院行きに踏み切れなかった理由は上記に挙げましたが、主たる理由は、

 

知識がない

決断できない

 

のふたつでした。

 

◇事前知識は蓄えておこう

 

今回の件で、

受け入れ可能な病院を知っておかないといざという時に動けないことが分かりました。

 

夜間または休日に診てもらえる病院の目星は必ずつけておきましょう。

 

また、引越してきたばかりの場合、

ハザードマップで危険な場所や避難所をチェックしておくことも大事ですね。

 

僕は1年前くらいに今の地域に越して来ましたが、避難所がどこかわかりません。

 

ていうか、実家周辺の場合でも詳しくはわからんぞ?

 

うーん、調べなきゃ!

 

◇病院へ行く基準をつくる

 

病院行かない派の僕にとって、どれくらい体調が悪い時に病院へ行けば良いか分かりません。

 

今回39.1度というかつて自分が体験したことのない

高熱と両足の関節痛に襲われても、

結局病院には行きませんでした。

 

ちなみに僕は今までインフルエンザにはかかったことありません。

予防注射も打っていません。

まさかこれインフルなのか?笑

 

さて、今回病院に行かなかったことで、

これくらいなら大丈夫だろうという変な感覚ができてしまいました。

 

正直僕は病院行くべきなんだろう、

となんとなく思っていましたが、結局ふんぎりがつかず、

考えるのをやめて寝ました。

 

この状況を回避するには、

あらかじめ病院へ行く基準を作っておくと良いでしょう。

 

・39度を超えたらすぐ行く。

・嘔吐があったら行く。

 

など、これだけでもかなり決断が早くなると思います。

 

◇子供が産まれたら

 

僕たち夫婦には、まだ子供はできていません。

 

しかし、もし奥さんの妊娠時期や子供が産まれた後にも

このように無知のままでいたら大事にかかわり兼ねません。

 

まだまだ僕たちは未熟ですので、

世の中のお父さんお母さんが持っている経験、

知識はまだ僕たちにはありません。

 

もし、その時が近づいたら、

先輩たちのアドバイスを事前に吸収して

安心安全に暮らしたいものです。

 

僕もこのブログを通して、

みなさんのなんらかの気づきに関与できればいいと思っています。

 

ではまたー