Life goes on-30代♂の遊びと生活

30代の遊びと健康、夫婦生活をテーマに東北の暮らしを紹介する雑記ブログです。

【ふくらはぎの足つり予防】カーフサポーターをつけてみよう

どうもcatsです。

 

今回はサッカーで足がつるお話。

カーフサポーターといういわゆる

着厚のソックスのご紹介です。

 

◇僕のサッカー事情

 

僕は小学校からサッカーを始めまして、もう25年は経ちましたかね。

 

はじめてつったのは中学の時でした。

 

当時はディフェンダーをしてましたが、

相手フォワードとスプリント勝負の絶えない

ラインげき高のバカ上げセンターバックでした。

 

ある日いつも通りセンターラインぐらいに最終ラインとっていましたところ、

 その裏へボーンと蹴っ飛ばされたわけです。

 

スピードには自信があったので、それでも一応ダッシュしてボールは奪取するわけです。

 

それを何回も繰り返してるうちになんか足がぴくぴくするな、

と思ってたら 急にピキーンとなんじゃこりゃあ!ってなわけですよ。

 

いやもう泣きましたね、痛くて

 

それからというもの、ほぼ毎試合つるか、

その直前までいきました。

 

テーピングで補強してなんとかフル出場って感じでした。

10数年が経って、今でもそれが続いています。

というより、歳も取って筋肉量も落ち、ますますつりやすくなっていると思います。

 

◇足がつる原因

 

そもそもサッカーの試合中に足がつる原因とはどういうものかというと、大別して3つにまとめました。

 

①水分、ミネラルの不足

②筋肉が固い

疲労、乳酸の蓄積

 

その解決策を簡単にまとめると以下のようになります。

 

①には、運動前や最中の補給

②には、普段のストレッチ

③には、補強やマッサージ

 

①はスポーツドリンクなど身体に吸収しやすいものを選びましょう。

イチロー選手は毎試合5000円くらいのユンケルを飲んでいたと聞いたことがあります。

さすがにそんなにお金かけられませんよね。

僕は大事な試合の前は栄養素多めのアミノバイタルを飲むようにしています。

 

 

 

 

②については、毎日入浴後のストレッチなど、

ルーティンとして取り組むといいと思いますが、体質改善をするにはなかなか時間がかかります。

 

速効性が高いのが③の補強です。

 

この場合、キネシオテープで補強するのが一般的かと思います。

 

◇足つり対策のトップ、キネシオテープは高い

 

足ツラー(足をつる人、およびつらいこと)にとって、

キネシオテーピングは最強の武器だと思っています。

 

これがあるのとないのとでは

15分くらいプレイ時間の差になるんじゃないかと感じています。←個人差&調子によりけり

 

ただ、キネシオは高価ですね。

効果はありますが、量を使う分高価になってしまいます。

使い捨てですし毎試合使うにはおこづかい事情にかかわるんですね。

 

そこでいろいろ調べていたら、

カーフサポーターというアイテムの存在を知りました。

 

◇カーフサポーター

 

いわゆる着圧ソックスです。

血流をよくして老廃物や乳酸なんかを流します。

 

 

 

これは実際に買って試して見ました。

 

結論としては、キネシオよりは足つり予防効果は弱いものの、無いよりはいい。

て感じですか。

 

体感なのでざっくりですが、

しっかりふくらはぎをホールドしてくれるので

サッカーをやる分にはまったく気になりません。

 

しかし、キネシオみたいに筋肉の補強とまではいかないのか、

劇的には強度は増えていない気がします。

 

なので僕はこのように使い分けをしています。 

 

 ・練習→何もなし

 ・練習試合→カーフサポーター

 ・ガチ試合→キネシオテーピング

 

 ※カーフは足に楽をさせているらしく、

  トレーニング効果は減少するらしいです。

  練習ではつけないようにしています。

 

キネシオとカーフの同時もやりましたが、

結局つったので、そこまで相乗効果はないかも。

検証は続けます。

 

◇立ち仕事や座り仕事に

 

またカーフサポーター自体は、

別の用途で十分効果を発揮できると思います。

 

立ち仕事の方にはむくみ対策にもなりますし、

座り仕事の方にもエコノミークラス症候群とかの予防にいいのではないかと。

 

ランニングやサイクリングなど持久系に適しているのではないかと思います。

 気になる方は一度お試しください。

 

ということカーフサポーターの紹介でした。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございます。またよろしくお願いします。