Life goes on -30代♂の遊びと暮らし-

30代の遊びと健康、夫婦生活をテーマに日々の暮らしを紹介する雑記ブログです。

夫婦キャンプ石巻:初心者だけどオートキャンプ行ってきた

 

f:id:cats38:20181018214053j:plain

どうもcatsです。

 

今回は5月過ぎに奥さんと出かけたオートキャンプの話です。

 

僕と奥さんの共通の趣味として、アニメやバンドがあるんですが、

キャンプも定期的にやって「趣味って言いたい!」

ってことで試しに行ってきました。

 

もちろん先に流行った「ゆるキャン△」の影響であります。

 

ちなみに僕たちは、仙台でGWに開催される

アラバキロックフェスには毎年2人で参加しておりまして、

キャンプサイト券を買ってテント泊をしております。

 

ただ、基本寝泊りするだけなので、本格的なキャンプはこれが初めてです。

 

今回はオートキャンプ場ということで、

車と一緒に泊まる感じのお手軽感で行ってきましたよ。

 

◇太平洋を望むオーシャンビュー

 

行ってきたのは「おしか家族旅行村オートキャンプ場」

https://www.oshika-campingpark.com/

住所は〒986-2523  宮城県石巻市鮎川浜駒ヶ峰1-1です。

 

アクセスは仙台駅から車で2時間くらい。

三陸自動車道石巻港ICから車で60分くらい下道を通ります。

 

復興が進んでおり、各所で工事をしていました。

 

というのも震災では津波が直撃した地域でもあるからです。

 

実は僕のおば夫婦も近辺の鮎川という地域に住んでおり、

当時家が流されたと聞いています。

 

やはり大変そうでしたが、身内に関しては全員無事で

ひとまず安心したのを覚えています。

 

復興も着実に進んでいて、地元のみなさんの努力が感じられますね。

うるっときます。

 

◇場所について

 

さて、そのおしかオートキャンプ場は、牡鹿半島のはじっこにありまして、

太平洋が見渡せる景色のいい、気持ちのいいロケーションです。

 

牡鹿半島に入るとアップダウンの多いワインディングロードで

車やバイクの運転が楽しい道ですね。

 

シーズンを外して行ったので道もすいていて気持ちよかったです。

 

 

キャンプサイトもお客さんでうまってはおらず、

お隣さんもいなくてストレスなく過ごすことができました。

 

キャンプ場のマップはコチラから確認できます。

https://www.oshika-campingpark.com/blank-5

 

僕らはA-23に泊まりました。1泊4,000円です。

 

キャンプサイト一帯は坂になっていて、

このマップの上方向に向かって低くなっていきます。

 

先にオーシャンビューと記載しましたが、

実はオーシャンビューなのは電源付きの1~5番のサイト

またはA-1~3ぐらいでした。

 

坂の下にある他のAサイトやBサイトでは、

木々にはばまれて海は見えません。残念。

 

また、下の方にあるサイトはその木々の陰になっています。

これが体感温度にけっこう影響します。

 

真夏は陰の方がいいかもしれませんが、

春や秋には日当たりを重視すべきかも。

 

希望を通すにはお早目の予約を。完全予約制です。

 

ちなみに、僕らの泊まったAサイトではテントを張っても

空いたスペースでバドミントンできるくらいのスペースがあります。

 

子ども連れも多くて、いつか家族できたいなぁ、って感じです。

 

◇使った道具たち

 

初心者なので、こだわったことはできませんが、

最低限のものは用意していきました。

 

・寝具系:テント、寝袋、毛布、中敷き用マット

 

オートキャンプなので、そばに車が置けます。便利!

 f:id:cats38:20181018213753j:plain

まだ夜は寒い時期なので毛布を持ってきて正解でした。

車中泊もできますが、やっぱテントで寝るのが醍醐味ですよね。

地面は柔らかい芝生でしたが、中敷き用マットで断熱と寝心地を確保しました。

 

中の写真ありません。申し訳なし。

 

・火おこし系:2人用BBQコンロ、カセットコンロ、ロゴスの炭、

豆炭、ファイヤー用の薪、コンロ保護用アルミホイル

 

 

f:id:cats38:20181018214005j:plain

BBQコンロはニトリで一目ぼれしたオシャンなやつです。

たたむとこんなに小さくバッグみたいになります。

脚と網を中に収納できます。

 

ロゴスの高価な穴あき炭はとんでもない性能でした。

着火剤いらずの着きやすさと火力、燃焼時間どれをとってもしゅごい。

高いだけあります。素晴らしい。

 


 

ただ、ホームセンターで買った安価な豆炭は全く使えませんでした。

着火はいいんですが、火も弱くすぐ消えてしまうので

最終的には着火剤呼ばわりでした。

 

そして結局管理棟で備長炭を買い足すことに・・・。

現地で販売しててよかった~。こういうとこけちっちゃダメですね。

 

そう、現地で必要なもの売ってます。

何かを忘れても何とかなる!

 

 

f:id:cats38:20181018214529j:plain

保護用のアルミホイルは使用後の掃除に便利でした。

薪でファイヤーしすぎてしまい一部破けました笑

コンロが変色してしまった~。

 

f:id:cats38:20181018214446j:plain

カセットコンロは手ごろで便利です。特に朝食時。

家庭用のやつですが、かっこいいキャンプ用のほしいなぁ。

 

・家具系

テーブル、イス、使い捨て食器、なべ、

フライパン、アヒージョ用の器

 

全部グレード低めのやつです。

立て付けは弱いかもしれませんが、

使用する分には問題ありません。

 

ただ、イスは座り心地を吟味したほうがいいかもしれませんね。

大半はそのイスに座って過ごしますから。

 

 

◇帰りには女川観光

 

そんなこんなで、楽しかったキャンプも終わり、

片付けして帰ります。

 

使用済みの炭や生ごみ、瓶や缶もゴミ捨て場があり便利です。

 

一通り片づけたらさよ~なら

おうちへ帰りましょう。

 

と、その前に、

石巻・女川地区の復興の象徴でもある

シーパルピア女川、ハマテラス、温泉ゆぽっぽやで

地元のものを楽しみましょう。

 

f:id:cats38:20181018214503j:plain

温泉に入って疲れを癒し、海鮮丼を食す!

最高です!

 

寄り道しやすい場所にありますので、ぜひ。

 

キャンプ場にはシャワー室がありますが、

やっぱり温泉でスッキリ気持ちよし!

 

身も心もリフレッシュして帰路につくのでした~

 

 

◇まとめ

 

なかなかキャンプには来れないのですが、

年に1回はこうやって紹介していきたいですね。

 

いいグッズあったらレビューもしてみたいと思います。

 

ここまで読んでいただいた方ありがとうございました。

またよろしくお願いします。