Life goes on-30代♂の遊びと生活

30代の遊びと健康、夫婦生活をテーマに東北の暮らしを紹介する雑記ブログです。

【要セカンドオピニオン】五十肩と腱板炎を誤診断された話

 

f:id:cats38:20181015200039p:plain

どうもcatsです。

 

今回は五十肩と腱板炎、

そしてセカンドオピニオンの重要性についてです。

 

てか、いらすとやって なんでもあるなぁwww

この肩関節の絵はいらすとやさんからもらってきました。

 

さて本題です。

 

先日、地元のそこそこ有名な整形外科で診察してもらったところ

似て非なる「五十肩」と「腱板炎」を間違えられたという話です。

 

この2つの疾患は、

どちらも肩周りの関節や腱、筋肉を傷めるので症状は似ているのですが、

その原因や治療法は全く逆の事柄になります。

 

僕は整形外科では五十肩(正式な名称「肩関節周囲炎」)と診断されましたが、

その後に診てもらった整骨院では「腱板炎」だろうと診療を開始しています。

 

このように僕は2つの医療機関に2つの異なる診察結果を出されたわけです。

 

どちらが正しいか、なぜそちらを信じたか、

セカンドオピニオンの重要性や医者の選び方など、

今後の健康生活にも関わる話をことの経緯とともにお知らせします。

 

まずは以下に2つの疾患の違いについて紹介したいと思います。

 

(注意)

僕が医者や整骨院の先生に聞いたことをシンプルに説明しています。

より専門的な説明は、他の医療専門サイトでお調べください。

 

また、専門的な知見から見れば内容に語弊がある可能性は十分ありますので

ご了承ください。このブログを鵜呑みにせず、専門家の診断を受けてください。

 

◇五十肩「肩関節周囲炎」について

 

正式な名称は「肩関節周囲炎」というらしいです。

『邪王炎殺拳』や『邪王炎殺黒龍波』と似ています。

 

要因としては、肩周囲の筋肉や腱、靭帯などの組織が炎症を生じることだそう。

発症の主な原因は、『加齢による劣化』や『運動不足』です。

 

四十肩と五十肩に厳密な差はないようで、若くても発症することもあります。

 

加齢等により肩周りの筋肉や腱、骨、軟骨等の強度が落ち劣化、

腱、筋肉などが支えきれずに骨とこすれることで炎症を起こします。

 

その炎症や出血等が原因で組織が固まってしまい、

腕を一定以上上げられなくなり、かつ痛みを生じるというメカニズムです。

 

治療方法は運動療法のリハビリがメインになります。

 

動かなくなった部分を少しずつ動かすようにして、

可動域を広げていくのです。

 

その際、やりすぎて再度炎症や出血を起こしたりしないよう、

加減に注意が必要になります。

 

治療期間は長く、半年以上かかる場合もあるとのこと。

 

 

◇腱板炎について

 

一方の腱板炎についてですが、

肩周りの関節にダメージを受けているという点では

五十肩と同じです。

 

ただ、その原因と治療法が全く逆になってきます。

 

運動不足や劣化が原因である五十肩に対し、

腱板炎は運動のしすぎや、運動中の一発の衝撃など

外傷による発症が主な原因になります。

 

痛みの原因が劣化ではなく『損傷』なのです。

腱板断裂の一歩手前と言ったところでしょうか。

 

ですので、治療方法も180°変わります。

腱板炎は『安静』が有効な治療になります。

 

こちらも治療期間は長く、

3か月~半年は見なくてはならないとのこと。

 

腱は筋肉よりも血液が巡らず、

回復に時間がかかるようです。

 

 

◇二つの疾患の見分け方は

 

これは整骨院の先生に教えてもらいました。

 

単純に、人の力を借りて、腕が上がるかどうかです。

 

五十肩の場合、肩周りの関節が固まっているので、

人の力を借りても、物理的に阻害されて腕が上がりきりません。

 

一方腱板炎の場合は、損傷しているため痛みは生じますが、

固まってはいないので、人の力を借りれば真上まで腕が上がります。

 

診察のポイントはここで、

今回の整形外科は説明と実施を怠っていた部分になります。

 

 

◇原因はサッカーだと思われる

 

もう半年くらい放置していたので、はっきりとは覚えていないのですが、

試合の翌日くらいからなんとなく痛みを感じるようになった気がします。

 

おそらく、プレイ中に何らかの衝撃を受けて

肩周りの組織がやられてしまったのでしょう。

 

プレイスタイルが「まず身体をぶつける」人間なので

けがしやすいタイプと言えます。

 

イニエスタみたいに華麗にさばけるようになりたい。

 

あと、テニスをやる人はなりやすいらしいですね。

肩や腕を酷使しますので。

 

 

◇放置していた理由

 

こんなもん、すぐ治ると思っていたからです。

 

この考え方は、30過ぎるともう危険ですね。

腕を上げなきゃ痛くないので、普通にサッカーしてました。

デンジャーデンジャー。

 

スローインや遊びサッカーでのゴールキーパー

ジャンプする際の腕の振り上げなどで毎回痛みを感じていたものの

腕を上げなきゃ痛くないので、普通に生活していました。

 

そしたら全然治らないという事態。

さすがに心配になったので整形外科へ行きました。

 

ちなみに・・・僕は心臓にもちょっとした疾患を抱えており、

それの関連痛かもしれないと思っていたんです。

 

(関連通とは、どこかの臓器等に異変がある場合、

 身体の一見関係ない部分に痛みが生じること)

 

とはいえ、心臓の先生も、整形外科の先生も

それはないと一蹴。よかったです。2人が言うなら間違いないですね。

 

やっぱり自己判断は危険です。プロに見てもらいましょう。

何が死に直結するかわからない年齢になりました。

 

◇整形外科へ

 

最初に診察してもらった整形外科では、

適当な診察で五十肩と診断されました。

 

レントゲンを撮って、痛い方向に曲げられて

こりゃ五十肩だね、まだ若いのに、と。

 

今後の治療方針をざっと説明し、

忙しそうにパッパパッパと次の患者へ。

 

そして、その後の治療ですが、

その病院の理学療法士に不信感を持ってしまいました。

 

すいません、愚痴です。

 

①事前説明がない

 

今後の治療についてろくに説明がありませんでした。

いきなりワンピースの話をしてくる始末。

 

整形外科の先生の診断についても病名くらいしか共有できていませんでした。

 

医者から聞いた今後の治療方針を

僕が療法士に説明するってどういうことでしょう。

 

②治療が痛い。

 

ネット知識で恐縮ですが、

痛みを過度に伴う治療は悪化をもたらす可能性があるようです。

 

僕を担当した理学療法士の治療はすべてが痛かった。

人の痛みなどおかまいなしです。

 

治療後、たしかに腕の可動域は増えました。

痛くて曲がらなかった腕がある程度曲がるようにはなりました。

 

その時はさすがプロと思いましたが、

確実に通常時の痛みは増しました。可動域も戻っています。

 

自己判断は危険ですが、こうなると信用できませんよね。

ここに通うことはしないことに決めました。

 

 

そうしていろいろと不信に思った僕は、

以前からお世話になっている整骨院の先生に見てもらい、

 

丁寧な問診と説明の末、

腱板炎という似て非なる疾患であると告げられたのです。

 

 

セカンドオピニオンとは信頼できる医者を探すこと

 

さて、この整骨院ですが、

以前足の肉離れでお世話になっていた院でした。

 

説明が丁寧で、その症状や原因、治療の方法を

模型を使って分かりやすく説明してくれます。

 

この時点では、「病院で五十肩と診断された」と

伝えての治療だったのですが、問診や症状を確認する中で、

『これは違うぞ』ということになりました。

 

結果、腱板炎だということで現在も治療しておりますが、

理屈で症状や原因の違いを教えてくれたので、

僕自身が納得して治療を受けています。

 

信頼できるっていうのは、本当に大事です。

通院への意欲も大きくなります。

 

みなさんのかかりつけのお医者さんは

丁寧な納得のいく説明をしてくれていますか?

 

不安でよくわからないまま治療を進めていませんか?

 

医者を選ぶ権利は患者にあります。

 

普段は自分の身体に無頓着な分、

こういう異常時に理解を深めていかなければなりません。

 

信用できるお医者さん探しの為に、

一度は違う病院に行ってみるのも

いい機会だと僕は考えています。

 

◇まとめの一句

 

30歳を過ぎたなら 

異変があったら 即病院

信頼できる 医者にかかれよ

 

今度は、整骨院の先生に教えていただいた治療法や

テーピングの貼り方について記事にしてみたいと思います。

 

ここまで読んでいただいた方ありがとうございました。

またよろしくお願いします。