Life goes on-30代♂の遊びと生活

30代の遊びと健康、夫婦生活をテーマに東北の暮らしを紹介する雑記ブログです。

『JEEP』レネゲードリミテッド:購入後の性能レビュー 

どうもcatsです。

 

ソロキャンプの記事ですでにお披露目しておりますが、

あらためましてレネゲードのリミテッドを購入してしまいました。

 

公式サイトはこちらです。

www.jeep-japan.com

 

カーセンサーという中古車検索サイトで見つけまして、

試乗しにいきました。

 

その2,3週間後くらいに購入に至ったわけです。

試乗した時の記事はこちら。  cats38.hatenablog.com

 

ちなみに新車ではなく、新古車です。

乗り出し価格は350万円弱でした。まじ高い。

 

スタッドレスタイヤやもろもろの

コーティング代、税金関係も含んでいます。

 

もし新車にしてたらなんやかんやで

400万は超えてた模様。

 

身の丈(収入)にあってないので、

今後の生活がかなりひっ迫されます。

つらいよぉ、こわいよぉ。

 

さて、以下に基本的な性能データと個人的な感想を紹介していきます。

 

あんまり車に詳しくなく、

専門的な話はできませんので悪しからず・・・

 

 

◇レネゲードリミテッド基本性能

 

まずは、車検証とカタログから抜粋します。

 

乗車定員:5名

総排気量:1.36L

 車両重量:1430kg

車両総重量:1705kg

 

長さ:425cm

幅:180cm

鷹さ:169cm

 

→車幅が広いのでいわゆる3ナンバーになります。 排気量は1400なので、自動車税には影響しない模様。

 

自動車税に関してはこのサイトが親切でした。

www.lineup-car.com

 

駆動:前輪二駆

 

タイヤ:215/60R17

燃料:ガソリン(ハイオク)

 

てな感じです。

 

◇2週間ほど走ってみた各性能の紹介

 

<燃費>

街乗り:10~12Km/L 

高速:14~16Km/L

カタログでは14.6Km/Lとの記載。

 

まぁこんなもんでしょう。

燃費を求めるなら日本のハイブリッド車

乗りましょう。外車に求めてはいけません。

 

<走行性能>

1400のターボということで、意外と排気量は少ないですが、アクセルを踏めばちゃんと加速をしてくれます。

 

ただ、十分踏まないとターボがかからずトロいです。

 

燃費を意識してアクセルを少ししか開けないとすっごく重たく走ります。

 

ここは思い切って加速したほうが気持ちのよい走りをしてくれます。

定速状態では高い燃費を確保できるようです。

 

あとは、軽いどっかんターボっていうのでしょうか、特に低速域(2,3速あたり)でアクセルを踏みすぎると思った以上に加速してビビります。

 

ここはアクセルワークの慣れが必要かもしれません。

 

ちなみに高速道路もなんなく合流できますし、

120km/hまではストレスなく出ます。

 

それ以上は出していませんが、

メーター自体は240Km/hまであります。

さすが欧州車ですね。


(Jeepはもともとアメリカのクライスラーが作っていましたが、今はイタリアのフィアットが製造しているとのこと。)

 

<ハンドリング・足回り>

ハンドルは軽快です。位置も変えられます。

ただ車高・重心が高い分ロール感は多少強い印象

 

旋回中にアクセル踏むとぐらつきます。

カーブ後の加速し始めに注意ですかね。

 

※ちなみに僕の前の車は平成14年ものの古いミニワンMTでした。

 

スノボも行きたいので雪の山道にどう対応するか楽しみです。

 

f:id:cats38:20181110193837j:plain

<ブレーキ性能>

 

4輪ディスクブレーキでけっこうがっつり効きます。

たまにかっくんしちゃうので、恥ずかしい。

 

あと、ブレーキ鳴きはあります。

キーキー言いますがこれは我慢してます。

 

 

<安全性能>

自動ブレーキはまだ作動させたことはないですが、普通に走っててもいろいろ警告音が鳴ります。

 

この音がまたうるさい。音量下げられればいいのに。

 

前の車が近づくとピーピー鳴ります。

もしかしたら自動で軽くブレーキが効いているのかもしれません。

 

また、他の車両が左右後方にいる時、ミラーに注意ランプが点きます。

その時にその方向へウインカーを出すと警告音が鳴ります。

これは死角を補ってくれるので急な車線変更には便利です。

 

ただ、2車線右折レーンがある場合、内側にいるだけで鳴ります。

これはちょっと迷惑。(図参照:左折も同様)

 

 

f:id:cats38:20181107191900j:plain

バックする際にはモニターで確認できるのでいいのですね。

障害物に近づくにつれて警告音が大きくなるタイプです

 

 

あとは、車線キープ機能があります。

ある程度の車速が必要になりますが、

車線からはみ出すと勝手にハンドルが動いて

車線をキープしてくれます。

 

初めて出た時感動しました。

自動運転の片鱗を見た感じです。

 

ちなみに、そのセンサーが有効になったかどうかは、画面のマークで知らせてくれます。

 

まぁただ、これらの安全性能は過信しないで、

自分で安全運転するのが一番ですね。

 

 

オートクルーズ・アダクティブコントロール

 

高速道路や信号のない田舎の国道でかなり便利な機能です。

 

簡単に言うと「設定した速度で走り続ける機能」プラス「前に車がいる場合は車間を開けて追従する機能」

 

例えば100km/hで設定をします。

自分の前に車がいなければそのまま100km/hで走り続けます。

前に80km/hの車がいた場合、車間をおいて80km/hでその車を追従します。

前のその車が120km/hまで加速した場合、

自分の車は設定した100km/hまでは加速しますがそれ以上は追いかけません。

 

そしてこのときアクセルは踏まなくていいのです。

解除はブレーキを踏むことで瞬時に切り替わります。

 

車線キープ機能もあるので、本当にぼけっとしたまま走れます。

前の車を追いかけたり、速度がキープされた状態なので変な神経も使いません。

 

もし自分の前に急に割り込まれた場合も、

瞬時に減速して車間を開けてくれます。

 

これはまじ便利でした。まさに自動運転。

 

f:id:cats38:20181110193808j:plain

<エアコンの効き>

 

問題なしです。

運転席側、助手席側で設定温度が変えられます。

ハンドルヒーター、シートヒーターあります。

寒いの苦手な人には至れり尽くせり!

 

<収納・後部座席>

 

写真をご参照ください。

f:id:cats38:20181110193923j:plain

 

まぁまぁという印象。

5人乗りなのでめっちゃ積めるってわけではないです。

 

f:id:cats38:20181110194003j:plain

後部座席も狭くはないけど広くはないですね。

リアシート倒せばその分、収納は確保できます。

 

f:id:cats38:20181110194036j:plain

<見た目>

 

めっちゃかっこいい!

 

丸目が好きな僕には最高です。

 

f:id:cats38:20180923172856j:plain

色は公式サイトで見ていただくとして、

僕のはオプションのジェットセットブルーメタリックという色です。

 

新古車なので、自分で選んだ色ではないのですが気に入っています。かっこいいですね。

 

 

サウンド

 

Beats Audioというところのスピーカーらしいです。

バンドやってる人間の意見として、

申し分なし!適当(笑)

 

イコライザーや音の中心位置が決められる上、

車速に合わせて音量が大きくなる機能もあります。

 

BluetoothやUSBでスマホと接続可能です。

 

f:id:cats38:20181110193906j:plain

 

◇まとめ

 

以上、長くなりましたが、

結論としては「高いだけはある。」ですね。

 

でも、同じ機能で走れる日本車はもっと安く買えると思います。 

 

外車ですし、故障も多いかもしれません。

 

ただ、外車を買う理由は

高くてもそれに乗りたいと思わせてくれる何かです。

 

ちなみに僕はスズキのクロスビーと迷ってましたが、

レネゲード買って正解だったと思っています。

 

お金苦しいですが、武士はくわねど高楊枝なのです。

 

迷っている方がいたらぜひおすすめします。

金銭面で折り合いつけばですけど・・・

 

 

 

これからは、雪道レビューや故障レビュー(望みはしないが)

なんかも載せていければいいなと思います。

 

 

 

ここまで読んでいただいた方ありがとうございました。

またよろしくお願いします。