Life goes on-30代♂の遊びと生活

30代の遊びと健康、夫婦生活をテーマに東北の暮らしを紹介する雑記ブログです。

山寺の紅葉:見ごろを外しても風景自体が素晴らしい!

今週のお題「紅葉」

 

どうもcatsです。

 今回は、山形県山形市にある山寺に行ってきました。

 

以下3本立てです!

 

①山寺について:まじ登山 

②山寺の紅葉:おしゃれさん多数

③アクセス:仙台からなら下道でいいと思う

 

そんでは、はじまりはじまり。

  

◇山寺について:けっこうな登山気分で!

 

f:id:cats38:20181114215141j:plain

もうその名の通り、山が寺になっているというか

寺が山全体につくってあるというか、

とにかく坂と階段がすごいです。

 

全体として、山寺立石寺(りっしゃくじ)というようです。

案内図を見ると、山の斜面に沿って作られているのが分かります。

f:id:cats38:20181114215253j:plain

 

 

そこかしこにお地蔵さんだったり

慰霊碑であったりがおいてありました。 

f:id:cats38:20181114215148j:plain

 

風情があって、景色も良くていいところです。

 

ただ、頂上までには1000段以上の石階段があります。

まじ疲れます。 

f:id:cats38:20181114215213j:plain

頂上まで行って帰ってくるころには

恥ずかしながら足がガクブルしました。

 

普段サッカーしているのにこれですから

運動不足の方は覚悟して来てください(笑)

 

参拝というより登山の気持ちで来た方がいいかもしれませんね。 

少なくともハイヒールで来ちゃあダメなところです。

 

 

有名どころだと天下の俳人松尾芭蕉」の

閑さや岩にしみ入る蝉の声

という俳句のモデルになった石、そのものが飾ってあります。

 

f:id:cats38:20181114215157j:plain

 

 

逆光でちょっとわかりづらいのが申し訳ないですが、

真ん中の高台にある大きな石です。

f:id:cats38:20181114215201j:plain

せみ塚って名前(笑)

夏に来るとセミがすごいんでしょうね。

 

いろいろな建物、像、石、木などから自然や歴史を感じます。

 空気も澄んでいて素晴らしい。

 

頂上から見る景色は心が洗われますね。

トトロの舞台を上から眺めているようです。

 

f:id:cats38:20181114215219j:plain

写真には写らない美しさがありました。

綺麗だなぁ。

 

◇山寺の紅葉:シャレオツカメラマンがたくさん。

 平日にもかかわらず、お客さんはちらほらいました。

 

行列になるほどではないので、ちょうどいい混み具合だったと思います。

誰もいなくても寂しいですし、少し霊的な雰囲気もあるので・・・。

 

紅葉シーズンからは少し遅れての観光(11/14)だったので、

すでに枯れ葉になっていたり色がくすんでいたりしましたが、

そこはもうしょうがないと割り切りました。

 f:id:cats38:20181114215204j:plain

中には絶賛紅葉中と言わんばかりに輝いていた木々もあります。

 

そして山寺に紅葉の他にも目を向けるべきスポットがたくさんあるんですね。

 

道中に敷き詰められた階段、歴史ある建物。

頂上からみる絶景、大きく太く育った木々、足元には緑鮮やかなこけ。

 

少しシーズンから遅れたといっても、

こんなにも素敵なものであふれているのです。

 

そんないろんな被写体を追って、

おしゃれなカメラマンがたくさんいましたよ。

 

このコケに落ちた赤いもみじは、

すれ違った女性が写真を撮っていたのを真似したものです。

 f:id:cats38:20181114215208j:plain

見るものは景色だけじゃないんですね。

その着眼点、勉強になります!

 

 

客層については、

ご年配の方が多いかと思ったら、意外と若いカップルであったり、

外国人観光客であったり、TVか何かの撮影クルーも見受けられ、

個性豊かな人々で溢れていました。

 f:id:cats38:20181114215236j:plain

 

◇アクセス:山寺駅は風情あり。

 

 <車>

仙台駅からは下道で1時間半程度

東北道山形自動車道を使って1時間とちょっと。

 

山形駅からは車で30分です。

 

ちなみに僕は

前回の記事の秋保大滝からはしごしました。

秋保大滝からは車で1時間ほどです。

 

山道を大きく迂回する必要があったため、

単純距離にしては時間がかかってしまいました。

 

下道は、山道を通ります。

峠のような急カーブやヘアピンみたいな激しい道ではありません。

 

時間があれば下道でも十分だと思います。

 

 

<電車>

 

仙山線「仙台駅」から「山寺駅」まで50分。

仙山線山形駅」から「山寺駅」は20分。

 

のんびり電車の旅もいいですね。

むかし僕も仙台から山形へ電車で行きましたが、

山に入ると景色が良くて好きです。

 

そしてその山寺駅について、初めてその外観をみましたが、

とても風情がありますね。合わせてつくったのでしょう。

 f:id:cats38:20181114215228j:plain

山寺の雰囲気とマッチしていてとても気に入りました。

 

ちなみに、登山口(山寺の入り口)までは

このハイセンスなお坊さんが案内してくれます。

歴史を感じます。 

f:id:cats38:20181114215231j:plain

最後になりましたが参拝料は

大人300円です。

 

近くの駐車場は1回300円か500円でした。

無人の駐車場なのにゲートがなかったり、

お金を入れるカンカンが無防備に置いてあったり

のどかなセキュリティに驚きと和みを感じます。

 

f:id:cats38:20181114215222j:plain

 

さて、秋の山寺のご紹介でしたがいかがでしょうか。

少しでも参考になると幸いです。

 

 

ここまで読んでいただいた方ありがとうございました。

またよろしくお願い致します。